センコー・新潟運輸など 釜山に物流拠点 建設へ 日本海側で国際強化

2016.08.09付

一般

 センコー(本社・大阪市、福田泰久社長)と新潟運輸(同・新潟市、山田博義社長)は4日、韓国物流企業ファソンエクスプレスと合弁会社を設立した。来年10月には、釜山新港の後背地、熊東(ウンドン)物流団地に物流センターを開設する。
 合弁会社の名称は「NH‐SENKO Logistics」。出資比率はセンコー55%、新潟運輸10%、ファソンエクスプレス35%。社長はセンコーの藤原昭喜ロジスティクス営業本部国際物流営業部長が兼任する。本社は韓国慶尚南道昌原(チャンウォン)市。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する