ライオン レンタルパレット採用 主力商品の日用品で

2016.08.09付

一般

 ライオン(本社・東京、浜逸夫社長)は1日、主力商品の日用品のパレット輸送を自社パレットから、日本パレットレンタル(=JPR、同、加納尚美社長)のレンタルパレットサービスに切り替えた。年間で約70万枚を利用する。
 ライオンは平成26年から医薬品分門でJPRのレンタルパレットを利用し、共同利用・共同回収システムを導入。せっけんや洗剤などを扱う主力の日用品でもドライバーや庫内作業員など物流の労働者不足が顕在化し、労働環境の見直し機運が高まる中、「2年間検討を続けてきた」…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する