【過労死ゼロへ】第3回 古くて新しい問題 関西大学名誉教授 森岡 孝二 氏

2016.08.09付

一般

 資本主義時代に入り産業革命が起きると、19世紀中頃の英国に例を見るように、労働時間の突発的な延長が生じ、過重労働に起因する労働者の早死や急死が社会問題になってきた。
 マルクスの『資本論』によれば、1863年6月末にロンドンの新聞は、メアリー・アン・ウォークリーという名の20歳の婦人服仕立女工の死を、「純然たる働きすぎによる死」という見出しで一斉に大きく報じた。彼女は普段でも1日16時間半働かされていたが、この時は英皇太子妃の祝賀舞踏会用のドレスの納期に追われ…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する