センコー 自車比率5割に拡大 傭車費高騰で見直し

2014.11.18付

一般

 センコー(本社・大阪市、福田泰久社長)は、今後10年間で自社車両の比率を拡大する。ことしに入り、傭(よう)車費が高騰する一方、自社車両の運用効率向上で「利益率が逆転した」(福田社長)ことが理由だ。
 従来は傭車を利用した場合の利益率の方が自社車両の場合よりも5%ほど高かった。現在は自社車両の方が2~3%高くなっているという。
 今後、自社車両を毎年300台程度ずつ増やし、傭車との比率を現在の3対7から10年間で5対5に引き上げる計画。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する