加藤 進 貨物課長 労働条件改善に注力 協議会の枠組み生かし

2016.07.26付

一般

 国土交通省の加藤進貨物課長は21日、本紙らの取材に応じ、今後のトラック行政の抱負を語った。業界の課題にはドライバーの労働条件改善を上げ、「魅力ある職場環境づくり、ムダのない輸送といった問題を事業者だけで考えることは難しい」と指摘。荷主、関係省庁が参加する協議会の場を生かし、議論を深める考えを示した。
 加藤課長は兵庫県出身の48歳。平成2年の運輸省(現・国交省)入省後、海運分野で物流に携わった経験はあるが、自動車を手掛けるのは初めてという。7年の近畿運輸局異動後に阪神…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する