【アジアのコールドチェーン】第4回 小売・外食との関係 流通科学大学教授 森 隆行 氏

2016.07.26付

一般

 コールドチェーンの最大の利用者は、コンビニやスーパーなどの小売業と外食産業であり、その発達は小売業や外食産業の事業展開と密接な関係にある。特に、小売業や外食産業の大部分を外資に依存するアジアでは、外資の動向が大きなカギを握っている。本稿では、外資を中心とした近代的小売業・外食産業とコールドチェーンの関係について述べる。
外資系が需要をけん引する
 アセアンを中心とする地域では経済発展に伴う生活水準の向上、西洋化を背景に、コンビニ、総合スーパーなどの小売業、…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する