適正運賃料金検討会 来年春めどに方向性提示 取引環境改善へ調査も

2016.07.19付

一般

 トラックの適正運賃、料金を話し合う有識者検討会が13日、国土交通省で始まった。事業者が適正取引をできる環境をつくるため、運賃に限らず、付帯作業費、手待ち費用など料金全般の問題を議論。元請けと下請けが何重にも連なる多層構造もテーマとする。まずはアンケートで業界の実態を把握し、来年春ごろをめどに一定の方向性を示したい考え。
 検討会は昨年5月に始まった「トラック輸送における取引環境・労働時間改善中央協議会」の下に設置。協議会で円滑な議論を行うため、適正運賃と料金を…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する