武藤事務次官 書面化の重要性を強調 生産性向上、業界の課題

2016.07.12付

一般

 国土交通省の武藤浩事務次官は7日、本紙らの取材に応じ、今後の運輸行政について抱負を語った。トラック業界の課題には生産性の向上を挙げ、トラックの契約書面化や1台の車を複数ドライバーが乗り継ぐ中継輸送を通じ、労働条件の改善を進めていく必要があるとの考えを示した。
 武藤次官は昭和54年の入省後、大臣官房、航空局を中心に歴任。平成24年9月から1年間務めた自動車局長時代には課題だった燃料高騰対策、運送委託者と実運送会社で交わす契約の書面化など、トラックの適正取引…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する