【ことば 教えて!】 自社車両比率の拡大→経費減へ大胆な一手

2014.11.18付

一般

 他の運送会社に輸送を頼む傭(よう)車に対し、自社の車で運ぶ割合を増やすこと。
 そもそも、元請けとなる物流企業は自社で常時稼働する車に加え、一定の傭車を抱え物量の波に柔軟に対処している。固定費を抑えられるほか、ドライバーの超過運転や交通事故リスクを回避できる。一方、自社で人と車を持った方が安く済むなら、増車はもっともな経営判断。ただ「物量が減れば固定費を賄えない」とためらう企業も多い中、センコーの決断は大胆。物量減より車両不足による機会損失の方が心配というなら、営業力に裏打ちされた自信の表れともとれる。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する