国交省 過疎地の物流支援検討 来年度、実証実験も

2014.11.18付

一般

 国土交通省は過疎地の物流サービス維持に向けた検討を始めた。高齢者や車を持たない人の買い物支援、農産物の集荷・出荷などを支えるための効率的な物流システムをどうすれば地方部で構築できるかの意見を、今年度中にまとまる。来年度からは課題を抱える地域で自治体、物流事業者らが連携した実証実験を進める。 

 都市部への人口集中が続く中、少子高齢化の進む集落では農産品の集荷・出荷、購入商品を自宅に届ける買い物支援など物流の役割が大きくなっている。近年は宅配時に1人暮らしの高齢者の様子を確認する見守りサービスの依頼件数も増えつつある。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する