【トンボの目】「対応に一貫性ない」 特車通行許可 行政とのやり取り形骸化

2016.06.28付

一般

 国は特車通行許可基準の車両長規制を見直し、現行の最大21mから4m長くする方針を固めた。ドライバー不足が進む中、トラックの生産性を上げるための措置だが、運送会社からは「対応に一貫性がない」との批判も出ている。
 特車の通行許可を取るため、運送会社は車両の仕様、積載物の内容、通行経路、通行の日時などを記した書類を道路管理者に申請するが、近年は、審査で新たに通行許可条件を付けられるケースが少なくないようだ。福岡のある運送会社は、福岡国道事務所が行う審査について…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する