【集中連載 岐路に立つ日本 物流が進むべき道は】 第5回 〝破壊者〟がやってくる

2016.06.21付

一般

 新技術や、従来にない仕組みの導入がなかなか進まない日本の産業界。国の規制もあり、新たなものを次々取り込む米国に比べ遅れが目立つ。早稲田大学ファイナンス総合研究所の野口悠紀雄顧問は「黙っていても現状は続かない」と指摘。書店業界の急激な変化を例に挙げつつ、物流も何もしなければ〝破壊者〟が現れると警告する。
 (インターネット通販大手の)アマゾンは常に新たな技術を取り入れ、いろいろな面で先進的な取り組みを続けているからこそ、急成長できた。物流、販促などについても革新的な…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する