【運転席から物流論】 第162回 災害時の移動販売車活用 トラックドライバー・ジャーナリスト 長野 潤一 氏

2016.06.21付

一般

 熊本地震の物資輸送に関し、政府が4月17日から3日間で90万食の食料などプッシュ型支援を行ったことについて、前々回述べた。物資供給が比較的うまくいった背景には、政府が日通、ヤマトをはじめとする民間物流企業を利用したことがあった。並行して、大手スーパーやコンビニは空輸も含め物流を早期に回復。物資不足は1週間後にはほぼ解消した。だが、大人数の避難所では物資の配布にも相当な労力を要した。また物資需要の判断も、流通の専門家でない担当者には難しい。移動販売車の活用がカギになると考える。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する