【ことば 教えて!】 ▽気象予測の産業活用→先手を打ってムダ削減

2016.06.07付

一般

 天気や気温、湿度などの気象情報予測に基づき飲食料、洋服などの需要を予想し事業に役立てること。気象と消費は密接に結び付いている。気温が20度を超えるとビールが良く売れるのは有名だ。
 最近は人工知能を活用して、気象とともに、売り上げやインターネット上にある消費行動に関するビッグデータを分析。より正確に需要を見極めることができるようになった。製造・販売・流通が情報を共有すれば、より大きな効果が出る。
 川崎近海汽船とネスレ日本は気象予測に基づきコーヒー飲料…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する