【増税後もやまない!適正運賃収受】小澤義行濃飛倉庫運輸社長 人手補うには運賃改善

2014.11.11付

一般

 (1)増税分の転嫁はスムーズにできた。増税は国の方針だが、国民生活に不安を与えないようにしてもらいたい。
 (2)運賃改善の交渉を継続する。少子化による人手不足を補う上で、安定収入がないとドライバーは集まらない。燃料費や高速料金アップへの対応、また安全な輸送を行うためにも運賃改善は必要だ。
 (3)燃料サーチャージよりも、運賃そのものの値上げを重視している。(燃料費以外の部分についても)経費の数字が大きいので、運賃を改善していかないと事業そのものが継続できなくなる。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する