【近畿ブロック特集】景況は予断許さず 荷動きは一進一退

2016.05.17付

一般

 近畿経済は「予断を許さない」(広瀬茂夫関西経済研究センター所長)状況だ。荷動きは繁忙期で「かなり動いた」(兵庫の事業者)、「鈍かった」(大阪の事業者)とさまざま。好調だった阪神港のコンテナ取扱量は今年に入り、中国経済減速の影響を受け減少傾向だ。今後も大幅な物量増は考えにくく、利益体質の改善を進めるという事業者が複数ある。新名神高速道路の神戸―高槻間開通の影響については、ドライバーの拘束時間短縮に期待を寄せる事業者が目立った。
長距離輸送で引き合い多い…
 

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する