【食品・医薬品物流特集】医薬品GDP 商品管理、より厳しく 施設整備などで課題も

2016.04.19付

一般

 国際的な医薬品の適正流通基準「GDP(=Good Distribution Practice)」をめぐる動向に物流業界が注目している。工場出荷時の品質を保持したまま最終消費者まで届けるため、国際基準を満たした輸送、保管を求める製薬メーカーや卸が増えているからだ。一方、新基準は従来以上に厳しい温度管理などが必要で、物流各社がどこまで対応できるか課題も残る。
 医薬品を扱う物流事業者が注目するGDPは、工場製造過程での品質管理基準(=GMP)の普及や国際的な調整、相互査察…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する