関運協・事業計画 「大口5割引き継続を」 次世代ETCに補助も

2016.04.12付

一般

 関東運送事業協同組合(角田正一理事長)は平成28年度の事業計画をまとめた。今年度末で期限が切れる大口多頻度の最大割引率5割の恒久化や、組合員の研修内容の充実などが柱だ。新たに次世代型自動料金収受システム「ETC2・0」を車載器の助成対象とする措置も講じる。
 大口多頻度割引をめぐっては昨年度の補正予算で、最大割引率の4割から5割への引き上げ措置を来年3月まで延長することが決まっている。だが、予算削減により今秋以降、最大5割引き延長の対象はETC2・0搭載車… 

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する