味の素・Mizkan 2社で鉄道往復輸送 効率的・安定的に運ぶ

2016.04.05付

一般

 味の素(本社・東京、西井孝明社長)とMizkan(=ミツカン、本社・愛知県半田市、田中力社長)は3月から、鉄道貨物を使った共同輸送を始めた。
 関東―関西間を、31フィートコンテナで往復輸送する。両社は、トラックドライバー不足の中、鉄道にモーダルシフトすることでトラックの使用台数を削減し、上昇する輸送コストの抑制を図る。
 埼玉県久喜市にある味の素の物流センターで、加工食品メーカー向け調味料などをトラックに積み込み、栃木県内の中継拠点でコンテナに積み替える。その後、…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する