【トラック特集】元請け事業者がキーマン 運賃根拠はっきり示す 日通総合研究所 経済研究部担当部長 大島 弘明氏

2016.03.22付

一般

 近頃、適正運賃収受の取り組みに頭を悩ます事業者の声を耳にする。荷主との交渉が一巡したり、値上げが上手くいかなかったりするケースがあるからだ。一方、「これからもドライバー不足に伴う輸送単価の上昇は続く」と日通総合研究所の大島弘明担当部長。このまま何もしなければ特に元請けが苦しくなるとし、条件が合わない仕事を断る考えも必要とする。

 業界は毎年一定数の高齢ドライバーが退職しているが、その分の新規雇用を補えていない。それでもモノが動くのは「誰かが無理をして運んでいる」ためだ。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する