JR貨物 4月から「青函付加金」 12ft1個に1000円

2016.02.23付

一般

 日本貨物鉄道(=JR貨物、本社・東京、田村修二社長)は4月1日から、青函トンネルを通るコンテナへの付加金制度を3年間の暫定措置として導入する。付加金額は12フィート汎用コンテナ1個当たり1000円。3月26日の北海道新幹線開業に合わせた160億円超の設備投資に伴って発生する年間10億円超のコスト増を解消するための手立ての一つだ。
 JR貨物は、北海道新幹線と貨物列車の共用走行に必要なEH800交流機関車をすでに17両完成させ、3両を追加発注。併せて…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する