国交省 次世代ETCで実験 トラック12社が参加

2016.02.23付

一般

 国土交通省は、業務用の次世代型自動料金収受システム「ETC2・0」を活用した社会実験を始める。公募したトラック事業者、サービス提供会社の計17社が参加。それぞれが独自に実験に取り組み、運行管理支援サービスの実現可能性や有効性を確認する。
 参加する事業者は阿南自動車、エスラインギフ、佐川急便、ヤマト運輸など12社。デンソー、パナソニックといった5社のサービス提供会社と協力し、来年3月まで実験に取り組む。事業者には1台当たり3万円を上限に、業務用ETC2・0の…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する