28年度・国際貨物輸送量 海上・航空1.3%増 輸出入とも小幅伸長

2016.01.19付

一般

 日通総合研究所(本社・東京、宮近清文社長)によると、平成28年度の外貿(海上)コンテナ貨物と国際航空貨物の輸送量はともに前年度比1.3%プラスの見通し。年度後半から輸出入とも荷動きが持ち直しそうだ。
外貿コンテナは1.3%増の1176万3000TEU(20フィートコンテナ換算)。
 輸出は0.9%増。27年度は2.2%減となる見込みだが、世界経済の緩やかな拡大基調から来年度はプラスに転じると予測。一般機械、自動車部品が回復軌道に乗り、化成品も概ね横ばいで動く。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する