【リレー連載 物流から見た道路交通計画】 第6回 物流施設をどうするか

2016.01.19付

一般

 物流施設には、港湾、空港、鉄道貨物駅、トラックターミナルなどの地域間物流のための広域物流施設と、倉庫、配送センター、デポなどの地域内物流のための都市内集配施設がある。
 近年物流施設が立地している地域では、工場の跡地にマンションが建設されたり、市街化が進展したりして、いつの間にか物流施設が住宅に取り囲まれ、物流施設と住宅が混在する地域が多い。
 物流施設と住宅が混在する地域の問題は二つ。一つ目は物流施設での作業やトラックの走行による近隣の居住環境悪化。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する