C&Fロジ 新中計、骨子は利益率 強みは〝自社インフラ〟

2016.01.05付

一般

 C&Fロジホールディングス(本社・東京、林原国雄社長)は10月の経営統合後、初めてとなる3カ年中期経営計画の策定に向けた準備を進めている。
 長期的には人口減少の影響や食品業界のさらなる統廃合の動き、物流会社間の再編も見込まれる中、低温食品物流を展開していく上で、どのようにして選ばれる企業になるかが、中期経営計画を練る際の基本的な考え方の前提になる。来年度からの計画ではまず、営業収益の伸長よりも利益率の向上を骨子に据える。事業会社である名糖運輸(同、同)…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する