小型無人機ドローン 物流での利用に現実味 普及のカギは制度設計

2015.12.15付

一般

 米アマゾンが宅配サービスでの利用を検討し、物流での活用がにわかに現実味を帯びてきたドローン(小型無人機)。欧州や日本でも物流分野での実証実験が進められている。日本では、まず中山間地域や離島といった配達に時間や労力・コストがかかるエリアでの実用化を目指す。そもそもドローンとは何か、どんなことができるのか、課題は何か、探った。
 ドローンとは本来無人で動く飛行機、車両、船舶全般を指す言葉で、広くラジコンヘリなどを表す。近年注目されているいわゆる「ドローン」は無人で遠隔操作、…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する