改善基準告示の再考を 南九州の事業者 「人材不足感じない」

2014.09.09付

一般

ドライバー不足が深刻化する中、南九州の事業者の間では危機感は薄い。むしろ、関西や首都圏向けの長距離輸送を担う事業者が改善基準告示の見直しを訴えている。
 厚生労働省が公表した6月の有効求人倍率(季節調整値)は1.10倍と平成8年6月以来の高水準。だが、九州各県では全国平均を下回り鹿児島県で0.74倍、大分県の0.88倍と続く。
 「人材不足は感じない。ハローワークで募集すれば、すぐ応募がある」(宮崎県や鹿

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する