【海上輸送ガイド】九州―首都圏、3日目朝に 清水―大分航路、来秋開設 広がり出した無人航走

2015.12.15付

一般

 新規航路の開設が決まった。川崎近海汽船(本社・東京、石井繁礼社長)は、平成28年10月に清水港(静岡市)―大分港(大分市)航路を開設する。シャーシ輸送を基本とし、事業者のドライバー不足に対応する。九州航路を持つ船社は無人航走に注力し、需要の取り込みを図る。
 清水―大分航路は、RORO船で片道762㎞を20時間で結ぶ。「ほっかいどう丸」(全長173m、総トン数約1万1400トン)型の船舶1隻を投入し、トレーラーシャーシ(12m換算)160台を積載できる。ドライバー専用室である…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する