【運転席からの物流論】第155回 名阪国道開通50年 トラックドライバー・ジャーナリスト 長野 潤一氏

2015.12.15付

一般

 今月、名阪国道が開通50周年を迎えた。名阪国道は〝無料の高速道路〟として知られた道路。トラックが非常に多く、名神高速と並ぶ物流の大動脈だ。ただ、設計が古いために急カーブがあり、これからの季節は降雪もある。利用に当たっての注意点を挙げたい。
着工991日で完成した道
 名阪国道は三重県亀山市から奈良県天理市に至る全長73.3㎞の自動車専用道路。中京・阪神の工業地帯を最短距離で結び、東西交通の動脈をなす。また国道25号線のバイパスで、生活道路の側面も持つ。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する