【業界の〝常識〟を問う】第6回 5.「3K」職場からの脱却 まずコスト把握し、料金設定へ 増井 忠幸 東京都市大学 名誉教授

2015.12.15付

一般

 輸送業界ではドライバーの不足と高齢化が問題になっている。自動車運転職の有効求人倍率は東京などで約3倍、道路貨物運送業に携わる人の40歳未満の割合は30%強といった具合だ。しかも最近の若者は「勤務後自宅に帰りたい」との意識が強く、長時間の勤務を避ける傾向にある。このような状況にあって、いわゆる3K(きつい・汚い・危険)職場からいかにして脱却し、職場を働きがいのあるものにしていけるだろうか。
3K職場といわれる原因として、「長距離運転」「長時間拘束」…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する