医薬品物流 賠償リスクに戦々恐々 高額なら1箱数千万円

2015.12.08付

一般

 医薬品物流を取り巻く環境が厳しさを増している。医薬品は1ケース当たりの単価が数百万円~数千万円するものが少なくなく、実運送業者は多額の賠償金を支払わねばならないリスクを背負う。月初に集中する輸送の平準化、国際的な品質管理基準への対応など課題が山積。医薬品物流が「ハイリスク・ローリターン」になりつつある。
 実運送業者は不測の事態に備え、メーカーに一つの事故に対する賠償金額の上限を求めるなど、対策は講じている。だが医薬品は、病院や薬局など医療機関の要望を卸が受け、…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する