日通G・琉球物流 海上冷凍混載を開始 那覇発香港向けに

2015.12.08付

一般

 日本通運(本社・東京、渡辺健二社長)グループの琉球物流(同・那覇市、大城毅社長)は来年1月から、那覇発香港向けの海上冷凍混載サービスを本格的に開始する。アグー豚など沖縄県産の食材・加工食品などの輸出に対応。那覇で直接コンテナに積み合わせ、マイナス20度で香港へ輸送する。
 那覇―香港間のリードタイムは4日。琉球物流が那覇市に建設中の3温度帯倉庫を発着のCFS(コンテナ集積所)として活用。12月からサービスを暫定的に始め、来年1月から本格稼働する。 …

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する