【業界の〝常識〟を問う】 第3回 配送効率とコスト 積載率、指定時間、庭先条件 増井 忠幸 東京都市大学名誉教授

2015.11.03付

一般

 配送のコストや効率化を考える上での大きな課題として、積載率、指定時間、庭先条件が挙げられる。
 前回述べたように、配送も「荷積み(仕分け・検品)―配送―荷降ろし(届け)」で構成される。宅配業務のように、代金引き換えや据え付けといった業務が含まれることもある。特に配送の場合、「庭先条件」と呼ばれる集配先の条件によって、作業内容や時間、コストが大きく変わる。通販などのテレビコマーシャルで「送料無料!」と叫んでいるが、とんでもない。消費者は「そのコストが商品代に含まれていること」…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する