国交省 ハブ拠点使い共同物流 ラオスで初の実証実験

2015.10.27付

一般

 国土交通省は東南アジアのインドシナ半島で、ハブ拠点を使った共同集荷・配送の実証実験を始める。ラオスの物流センターに複数荷主の貨物を集め、周辺国に混載便で輸送する。共同物流の効果、通関など制度の課題を検証し、メコン地域での効率的な物流ネットワークの構築につなげる。
課題検証で政府対話に
 22日のラオスとの政策対話で、国交省の羽尾一郎物流審議官が現地政府や関係者に協力を要請した。ハブ拠点を使った共同物流の実験は初。今年度中に報告書をまとめる。
 実験は、…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する