熊本交通運輸 共同リレーで法令順守 8年前、長野の農協主導で

2015.09.29付

一般

 熊本交通運輸(本社・熊本県益城町、住永金司社長)は、野辺山産業(同・長野県南牧村、大工原孝道社長)と共同でトレーラーによる九州―長野間のリレー輸送を実施している。
 法令順守を目的に、青果物の長距離輸送で平成17年に始めた。中継地は熊本交通運輸の広島営業所。野辺山産業のシャーシを使い、広島でトレーラーヘッドを切り替える。両社のドライバーは互いの産地の青果物を引き渡した後、併設の仮眠施設で休憩を取る。
 共同リレー輸送は荷主側から話が持ち掛けられた。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する