札幌定温 新たな仕組み構築、着々 労働法令対応をバネに

2015.09.01付

一般

 札幌定温運輸(本社・札幌市、伊藤邦博社長)は、労働法令への対応強化をバネに、物流の仕組みづくりを進めている。道内輸送の中継拠点となる帯広センターの設置や本州との輸送でシャーシ活用などを実施。目指すのは「いかに少ない人数で法令を順守し多く運ぶかだ」(伊藤社長)。
 まず手を打ったのが平成25年の帯広センター設置だ。札幌から帯広以東への直送は改善基準告示違反になる可能性が高いため、中継拠点として帯広センターを設置。道東地区への配送拠点とした。…
 

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する