次世代のタイヤ原料 「ロシアタンポポ」に熱い視線 住友ゴムが共同研究開始

2015.08.18付

一般

 タンポポから大型タイヤ――。住友ゴム工業(本社・神戸市、池田育嗣社長)が、タイヤの主原料である天然ゴムを採取できる新たな植物「ロシアタンポポ」の実用化に向けた共同研究を開始した。天然ゴムの産出地域が熱帯アジアに偏った現状を改め、世界中で需要が拡大するタイヤの安定生産・供給を図る考え。
 タイヤといえば、植物由来の天然ゴム、石油由来の合成ゴム、補強材のカーボンブラック、金属系のスチールコードやビードワイヤーが主な材料。タイヤが黒いのはカーボンブラックの色。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する