三井倉庫HD iPS細胞の輸送開始 京大と専用容器開発

2015.08.18付

一般

 三井倉庫ホールディングス(本社・東京、藤岡圭社長)は6日、再生医療用iPS細胞(人工多能性幹細胞)の輸送を始めた。京都大学iPS細胞研究所(=CiRA)の依頼を受けたもので、専用容器を開発。iPS細胞の安全確保を定めた法律を順守し、医療機関や研究所に輸送する。
 iPS細胞は神経や筋肉などに成長する能力を持つ万能細胞の一つ。CiRAは平成25年から、健康な人の血液、皮膚を基に作ったiPS細胞を医療用として備蓄し、医療機関や研究所に提供するプロジェクトを進めている。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する