国交省 過疎地物流で実証実験 貨客混載活用の支援も

2015.08.11付

一般

 国土交通省は年内をめどに、過疎地の物流サービスを維持するための実証実験を始める。路線バスに貨物を載せる「貨客混載」などを通じ、高齢者や車を持たない人の買い物支援、農産品の集荷・出荷といった地域の暮らしと経済に必要なサービスを展開する。
 国の公募で選ばれた高知県大川村、宮崎県西米良村、東京の多摩ニュータウンなど5地域で実証実験を行う。参加する自治体、運送事業者、非営利法人(=NPO)らで構成する協議会で検討をした後、地域ごとに抱える課題に合わせたモデル事業を進める。…
 

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する