運輸労連 「協議会で賃金 議論を」 時短だけなら待遇悪化

2015.08.11付

一般

 運輸労連の難波淳介委員長は4日に行われた記者懇親会で、国土交通省と厚生労働省が進める長時間労働改善協議会に対し、「時短に向け国を挙げた取り組み」と期待を示した。運輸労連は、各地で開かれる協議会に委員として参加し、賃金にまで踏み込んだ議論を行っていく方針。
 難波委員長は、ドライバー不足の原因が「年間総労働時間が全産業に比べ400時間以上長いにもかかわらず、賃金は100万円以上低い」(難波委員長)ことにあると指摘。「契約が曖昧な輸送形態やドライバーの労働力に依存した業態を変えていかなければならない」とした。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する