【集中連載 国際経営の本質 現地化が進まない訳】 第3回 二律背反を両立せよ

2015.07.28付

一般

 物流業界でも海外に進出するケースが増えてきた。市場開拓には、現地の人に経営を任せる「現地化」が欠かせない。大阪商業大学の古沢昌之教授は「いまは現地適応とグローバルな統合の両立が問われる」と指摘する。
 前回、日本企業には現地化に消極的な理由があり海外でも人気がないことを指摘した上で、現地化の遅れがもたらす弊害について解説した。
現地適応とグローバル統合
 現地化は確かに大事。海外で市場を開拓するために必要な取り組みだ。日本のきめ細かで正確な物流サービスは、先進国を含め国際的にも高い競争力があるといえる。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する