【トンボの目】 荷主、事業者間に温度差

2015.07.21付

一般

 トラックの労働条件改善に向けた地方協議会が動き出した。地域を代表する荷主が加わった新たな議論の場を、解決の絶好の機会と捉える事業者も少なくない。一方、13日の東京協議会では、荷主委員と事業者委員の間で発言への積極性に温度差も見られた。
 委員の姿勢が分かれたのは意見交換の場。「自由に意見を出してほしい」。司会者が発言を求めると間もなく、労働組合、トラック協会代表の委員の手が挙がった。
 荷主を厳しく批判する意見も出た。ところが、荷主代表の委員の手は挙がらず、大半が下を向いた。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する