【3PL企業の生き残り戦略】 第14回 物流子会社の3PL(3) 供給管理で営業拡大 船井総研ロジ取締役常務執行役員ライン統括本部長 赤峰 誠司氏

2015.07.21付

一般

 物流子会社が展開する開発営業の二つ目は、親会社サプライヤー(仕入れ先)への深耕拡大。親会社の購買力を利用した調達輸送の次は、ベンダー・マネージド・インベントリー(=VMI、ベンダー在庫管理)提案だ。
 VMIの有用性は親会社の取引規模に左右される半面、親会社の基幹システムと直接接続できることが、物流子会社の差別化要素になる。
 ICT(情報技術)の急速な発展で、サプライチェーン(供給網)間の情報連携は避けては通れない道。
 荷主は在庫状況や輸送状態・入荷予定データ…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する