【製造業の海外シフトで 国内物流は細るのか?】 (10) 自動運転技術による変化(中) 東レ経営研究所 産業経済調査部門 シニアエコノミスト 福田 佳之氏

2015.07.14付

一般

 米グーグルが平成22年に自動運転車の開発を発表して以来、日本の内外自動車メーカーのみならず異業種の企業まで巻き込んで自動運転車の開発が進展している。
 日本でも、ロボットベンチャーのZMPとDeNAがロボットタクシーの実現を掲げ自動運転車事業に参入している。世界中の企業が自動運転車に関心を持つ背景には、高齢化、人手不足、新興国の人件費上昇、そして安全や品質に対する要求の強まりなど、企業を取り巻く経営環境の変化がある。本稿では自動運転車についての現状と課題を取り上げる。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する