中小の人件費負担大幅増 4年後の残業代割増し 時短なければ労務倒産も

2015.06.30付

一般

 トラック運送業界の労務倒産の恐れが今後、高まる一方だ。4年後に、中小企業でも月間60時間超の残業代が5割増しになることで、ドライバーの人件費負担が大幅に増える可能性が出てきた。拘束時間目いっぱい働く場合、1人1万5000円弱アップする計算で、実質的に負担が困難な水準。ドライバー不足に伴う人件費上昇に加え、深刻な問題だ。
 月60時間超の残業に対する割増賃金率の25%から50%への引き上げは、すでに大企業では適用されているが、中小では負担回避を目的に猶予されていた。今国会で審議予定の労働基準法改正案の項目の一つで、成立すれば平成31年4月からの適用となる。…
 

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する