カリツー 4年間で80億円投資 国内の基盤確立急ぐ

2015.06.30付

一般

 カリツー(本社・愛知県安城市、加藤正則社長)は5年後の平成32年度に売上高600億円達成を目指し、昨年度からの4年間で総額80億円の設備投資を推進する計画。
 一連の拠点投資額は過去最高。設立70周年を迎える5年後を見据え、主力の国内自動車部品物流事業の「稼ぐ力」を盤石なものにする。国内自動車生産台数が今後、横ばいか減少することを見越し、し烈になる事業者間競争を勝ち抜くための巨大投資に踏み切った。
来年西尾市で最大拠点新設…
 

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する