日新 長年のノウハウ武器に 輸送・付帯業務を一体で

2015.06.30付

一般

 日新(本社・横浜市、筒井雅洋社長)は、タイ―マレーシア間の越境輸送を手掛けている。平成10年からスタートし、本格化したのは18~19年。大手日系自動車メーカーがマレーシアで車両の組み立てを開始したことに伴い生まれた、大量のノックダウン部品輸送ニーズに対応した。
 コストは海上輸送の約1.5倍掛かるが、リードタイムや荷物事故削減でメリットが大きい。
 両国間の輸送をトラックで行う場合、リードタイムは3日間。海上輸送が通関手続きや前後の陸上輸送も含め10日間だったのに対し、3分の1以下に短縮した。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する