【特別積み合わせ特集】協議会「気付きの場」に 根本問題の解決に意欲 国土交通省自動車局 秡川 直也 貨物課長インタビュー

2015.06.23付

一般

 国土交通省がトラックの長時間労働改善に動き出した。5月末に荷主、事業者など関係者でつくる有識者協議会を始動。4年後に中小企業でも月60時間超の残業代が引き上げられるのを前に、労働時間を減らす対策を検討する。同省自動車局の秡川直也貨物課長は「賃金と労働時間を改善しなければドライバー不足は解消しない」とし、根本課題の解決に意欲を示す。
 ――トラック業界の経営環境はどうか。
 秡川 アベノミクス効果で数年前に比べ荷動きは改善しつつある。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する