【製造業の海外シフトで国内物流は細るのか?】第8回 製造業の国内回帰(4) 東レ経営研究所 産業経済調査部門 シニアエコノミスト 福田 佳之氏

2015.05.26付

一般

 日本企業の国内シフトの動きは活発だ。 日産に続いてトヨタが北米向け輸出を増やすとしており、平成29年には世界戦略車「カムリ」の輸出再開を計画する。ホンダも2輪車だけでなく、小型車「フィット」の北米向け輸出の生産拠点をメキシコから国内に移す。
 今後の国内回帰の動向を展望し、さらに国内回帰がもたらす問題点について解説する。
円安での国内回帰は継続へ
 今後、円安が持続して国内の事業採算が改善する限り、生産地の国際調整の一環で海外から国内へ生産活動はシフトする。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2018年版

・B5版/318ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する