労働時間削減へ 協議会が20日初会合 厚労省もメンバーに

2015.05.19付

一般

 トラックの労働条件を改善するため、国土交通省は20日、新設する有識者協議会の初会合を開く。平成31年4月以降、月60時間を超える残業代の引き上げが中小事業者にも適用されるのを受け、長時間の荷待ちなどの解消に向けて環境を整備する。
 「トラック輸送における取引環境・労働時間改善中央協議会」の初会合では、今国会で審議中の労働基準法改正案の概要説明、今後の実態調査などについて話し合う。31年3月までに議論をまとめ、長時間労働改善に向けたガイドラインを策定する。…

今週の紙面

今週の紙面

輸送経済新聞購読

(週刊:年48回発刊)

購読料(税別)

半年間:24,000円
1年間:46,080円

ご購読のお申込みはこちら

出版物の御案内

出版物のご案内2017.3.31

2017 日本の物流事業

・B5版/243ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

物流のすべて 2017年版

・B5版/328ページ
・5,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2017年版

・B5版/160ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2016年版

・B5版/162ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する

ことば教えて! 2015年版

・B5版/184ページ
・3,000円(税別)
・送料600円

購入する